グランパクラシック

パリ・オペラ座のすぐそばに、オーベルAuberというRERの駅があります。その語源となったオーベルは19世紀のフランスの作曲家で、オペラコミックという、風刺の効いた喜歌劇の作品を残しました。

バレエ『グランパクラシック』は1949年にオーベルの曲にロシア人振り付け家、グゾフスキーがイヴェット・ショヴィレに振り付けたパドドゥで、パリ、シャンゼリゼ劇場で初演されました。

この作品は、オペラ座らしく、厳格な基礎を重んじながらも、ユーモアとラグジュアリーな雰囲気を醸し出しています。

グランパクラシック

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s